成人矯正

大人の矯正のタイミング

大人の矯正のタイミング

大人の方で歯ならびの気になるところがあると、治療をしなければ自然に治ることは基本的にありません。
大人の場合は、気になったときが始めどきです。見た目を気にされる方も多いですが、最近は目立たない装置も増えてきています。治療費についてもご相談に乗りますので、ぜひ一度カウンセリングにお越しください。

矯正治療の種類

  • ブラケット矯正…一般的な、ブラケットにワイヤーを通すタイプ。
  • 舌側矯正…歯の裏側に装置を付けるタイプ。
  • マウスピース型矯正装置(※インビザライン)…透明のマウスピース型装置を着用するタイプ。

お口全体の矯正から部分矯正、顎変形症の治療など、幅広い矯正治療に対応しております。
※(完成物薬機法対象外(薬機法未承認)の矯正歯科装置(医薬品)であり、承認医薬品を対象とする医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。)

治療費のしくみ

矯正治療費から医療控除までの様々を、teethmineのシステムを例にして説明いたします。

国立大学病院の治療費を目安にしてください

お口の状態にもよりますが、基本的には矯正治療には健康保険証を使うことが認められていません。
teethmineでは、成人の方の場合は国立大学病院の治療費を目安にしていただくと良いでしょう。また、部分的なものであれば、見積りをしてお知らせすることもできます。

早くかかると治療費が少なくてすむシステム

お子さまの場合は、小さい時からteethmineに通いはじめる程、お得になるシステムです。一般的に歯列矯正は、1期治療、2期治療というふうに2つのステップに分けられていますが、teethmineではそれを4つのステップに分けることでキメ細かい技術提供と料金システムになっています。お口の状態によりご相談、お申し込み後に次のステップに進むこともできます。その場合は、前のステップから次のステップへの治療費は、差額分だけをプラスすることで治療をうけることができます。

前受金+出来高払い制度

全額を始めに支払うのではなく、治療費の一部を納めて(前受金)、残りは通院の都度支払う安心なシステムです。

認定医・指導医

日本矯正歯科学会が認める認定医・指導医の有資格者が治療にあたります。

転勤・転校にも対応します

転居先で通院可能な矯正歯科のクリニックをご紹介いたします。また、状況により納めていただいた基本料金を治療残余期間で精算し、ご返金いたします。

医療費控除をご利用ください

お子さまの歯列矯正治療のための費用は、控除の対象となります。確定申告の手続きをすると税金が戻ってくることがあるので、ぜひ利用して下さい。

※オリコ・メディカルクレジットが利用できます。

  • カードを作る必要はありません。
  • 自由に選べるお支払い方法 均等分割払い(6~48回)
pagetop